OUR GYOZA

多様性と情熱が詰まったE餃子

-Embracing Diversity, Enriching Taste [多様性を抱きしめ、味わいを豊かに]-

 

◼︎E餃子の誇り

E餃子は、多様な背景を持つ方々が心を込めて手作りする特別な餃子ブランドです。 私たちは、すべての人に幸せと美味しさを届けることを使命とし、 障がいを持つ方々と共に、持続可能な社会の実現を目指しています。

 

◼︎情熱と共に

E餃子の作り手たちは、ハンデを抱えながらも、その情熱と技術で最高の餃子を作り出しています。 ここでは、彼らの仕事に対する思いや、日々の製造過程をご紹介します。

 

インタビュー:作り手の声 木村

【E餃子で働き始めたきっかけ】

「食品製造という分野の仕事をしたことがなかったので、チャレンジするつもりで応募しました。新しいことに挑戦するのは少し不安もありましたが、今ではとても充実した毎日を送っています。」 【製造過程で気を付けていること】 「お客様に食べていただくものなので、手洗いや清潔にしたりと衛生面に気を使っています。常に清潔な環境を保つことが、美味しい餃子を提供するための基本だと考えています。」

 

【仕事を通じて感じるやりがい】

「同じ職場の仲間と一緒に作った餃子が売れたり、『餃子美味しかった』という声を聞くとやりがいを感じます。お客様の笑顔を思い浮かべながら、一つ一つ丁寧に作っています。」

 

【E餃子での仕事について】

「作業手順や効率を考えながら作業しているので、頭を使う場面もあります。ただの単純作業ではなく、常に工夫しながら取り組むことで、自分自身の成長も感じています。」

 

【これからの目標や夢】

「健康に気を付けながら、E餃子をより多くの方に知ってもらえるよう製造していきたいです。これからも仲間と協力しながら、さらに美味しい餃子を作り続けたいです。」

 

◼︎製造過程の紹介

手作りのこだわり

E餃子の製造過程の一部を、木村さんとご紹介します。

 

1. 製造プロセス①【餃子の包み機の組み立て】

餃子を包む機械の組み立てを行います。正確で迅速な餃子製造には、機械の組み立てが重要です。各部品を丁寧に取り付け、動作確認を行います。組み立てと確認を徹底することで、安定した製造プロセスを実現します。

2. 製造プロセス②【餃子の包み工程】

餡を餃子の皮に機械で包みます。機械を使うことで、均一な大きさと形の餃子を作り出し、一貫した品質を保っています。

3. 製造プロセス③【トレイに並べる】

機械で包まれた餃子を一つ一つの餃子が崩れないよう丁寧にトレイに並べます。

4. 製造プロセス④【機械の片付け・清掃】

トレイに並べ終わったら、使用した機械の清掃・片付けと、床の掃き清掃を実施します。清潔な作業環境を保つことは、次回の製造に向けて非常に重要です。丁寧な清掃で、衛生面の管理を徹底しています。

5. 製造プロセス⑤【ビニール袋詰め(内袋)】

トレイに並べられた餃子は、まずビニール袋に詰められます。内袋は餃子を保護し、品質を保つための重要な工程です。一つ一つ丁寧に袋詰めを行い、密封します。

6. 製造プロセス⑥【商品袋詰め(外袋)】

ビニール袋に詰められた餃子はを、その後商品袋に詰めます。商品袋にはブランドロゴや商品情報が印刷されており、見た目も美しく仕上げられます。手際よく商品袋に詰め、パッケージングを完了します。

 

7. 製造プロセス⑦【トレイと調理台の清掃】

最後に、使用したトレイと調理台の清掃を行います。衛生管理に細心の注意を払い、次回の製造に向けて準備を整えます。